内定に関する質問 - 転職面接

トップ > 転職の意欲や本気度に関する質問 > 内定に関する質問

内定を出したらご入社していただけますか?

「内定を出したらご入社していただけますか?」という質問は、まさにあなたの応募先に対する意欲や本気度を聞いている質問です。

企業は内定を一度出すと取り消すのが簡単ではないため、内定を出す前の事前段階で、応募者の入社意欲や本気度を確認して、本当に入社してもらえそうな応募者に内定を出す場合があります。

口頭もしくは書面で正式な内定をもらってからだと、他社との比較を含め、じっくりと検討できる時間があるのですが、内定前に意思確認をされると困ってしまう人と思います。

この場合、よくトラブルになるのが、その場の雰囲気や流れに乗って、その企業への意欲がそれほどでもないのに、「はい、入社します!」と軽く返事をしてしまうケースです。

この場合、企業側は入社してくれると思って、その応募者に内定を出した時点で、他の候補者をお見送りしている場合があります。そこで内定を出した人が辞退をすると、採用活動が振り出しに戻ってしまいます。

そうすると、企業は求人を出すのに再度コストがかかりますし、これまでの時間や手間が全て無駄になるため、大きな損失となります。そのような背景で、企業と内定を軽い気持ちで辞退した応募者との間でトラブルになることがあります。

このようなトラブルにならないよう、応募先から内定の意志を確認された場合は、軽い返事や適当な返事をすることは避けるようにしましょう。辞退をすることがダメな訳では決してありませんので、誠実な対応を心がけるようにしましょう。

応募先に対して、入社の意志が固まっている場合は、そのまま入社の意志を示してOKですが、応募先に対して、好印象はあるものの、他の企業を見たいという場合もあると思います。その場合は、企業に対しての印象を悪くしないように伝える方法がありますので、以下の例文を参考にしてください。

回答例

【パターン1】
ありがとうございます。前向きに考えたいのですが、とても大切なことですので、この場で即答できないのが現状です。正式に内定をいただいてから、家族と相談して(または)じっくり検討して決めたいと思います。

【パターン2】
ありがとうございます。御社は第一志望群ですので前向きに考えたいのですが、現在、他社の選考も進んでいるため、正式な内定をいただいてから考えたいと思います。

絶対に入社する意欲がないと思える応募先には、これ以上時間を費やすのはお互いに時間の無駄ですので、正直に辞退の旨を伝えましょう。

転職の意欲や本気度に関する質問の例

おすすめの転職サイト・人材紹介サービス

今や転職活動において、転職サイトや人材紹介を利用(併用)するのは当たり前の時代です。ここでは最低限登録しておいたほうが良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。

転職サイト
リクナビNEXT 日本最大級の転職サイト。 転職した人の約8割がリクナビNEXTの利用者。転職サイトを利用するなら、まずリクナビNEXTを使ってみましょう!
はたらいく 地域密着の転職サイト。市町村や電車の路線から求人が探せます。スキルだけでなく、人柄や仕事観から求人を探すこともできます。
工場求人ナビ 工場系の求人サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!
人材紹介会社
パソナキャリア 人材業界大手で抜群の知名度を誇るパソナの人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人があります。拠点数も多く、サポート体制も充実。人材紹介会社に登録するなら、まずはココを押さえましょう!
インテリジェンス anやDODAでおなじみの人材業界大手。あらゆる業界・規模・職種の求人があり、業界トップクラスの求人数や情報量が強みです。ココも外せません!
リクルートエージェント リクルートが行う人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。

※転職サイトと人材紹介会社の違いについて
「転職サイト」は求人を掲載しているサイトですが、「人材紹介会社」は無料の職業紹介機関です。転職の相談から(非公開)求人の紹介、応募書類の添削、面接対策、退職交渉のサポートまで、幅広いサポートを「無料」で受けることができる大変便利なサービスです。