自己PRに関する質問 - 転職面接

トップ > 自己PRに関する質問

自己PRに関する質問

「自己PR」に関する質問は、転職面接の前半にあったり、最後の方にあったり、全くなかったりと、どのタイミングで質問が来るのかが読みにくい質問です。

新卒時の面接では、ほとんどの面接で「自己PR」が聞かれたという人が比較的多いと思いますが、転職面接では聞かれないことも実は結構あります。

転職面接では聞かれないこともある自己PRですが、「面接官に自己PRを聞かれなかったから、言えなかった」というような受け身のスタンスは避けるようにしてください。

「面接官から自己PRの質問がなくても、違う質問の際にうまく結びつけて、絶対自己PRを言うんだ」というような積極性なスタンスで、転職面接に臨むようにしてください。そうすれば、自己PRの伝え漏れや忘れがなくなり、転職面接での後悔が少なくなります。

説得力のある自己PRの伝え方は、プレゼンテーションの話法としても知られ、コミュニケーションや話し方の企業研修などでも多く使用されている「PREP(プレップ)法」という話法を使えば、うまく自己PRを伝えることができます。

※伝える強みや長所、PRポイントが見つからないという方は、「強み・長所の見本(一覧)」 を参照しましょう。

PREP(プレップ)法

PREP(プレップ)法とは、PREPのそれぞれの頭文字をとったものです。

  • Point : 結論、ポイント
  • Reason : 理由
  • Example : 事例、具体例
  • Point : 結論、ポイント

PREP(プレップ)法とは、上記の順番で、最初に結論を言い、その後に結論の理由と具体例を述べて、最後にもう一度念押しで結論を言うという方法です。

例えば、私のPRポイントは○○です。その理由は○○だからです。例えば、こういう事例があります。このような事例から、私のPRポイントは○○となります。

自己PRの話の流れはわかったが、事例や具体例が見つからないという人は、PRポイントがこれまでのどの場面で一番現れたのか、また記憶に残っているのかを振り返ってみましょう。場面の目星がつけば、5W1H(いつ、どこで、何を、誰に、なぜ、どのように)を意識して、具体的に話せるように、詳しく思い返しましょう。

具体的に話すやり方が分からない人は ⇒ 具体的に話すコツ を参照してくだしい。

自己PRに関する質問の例

おすすめの転職サイト・人材紹介サービス

今や転職活動において、転職サイトや人材紹介を利用(併用)するのは当たり前の時代です。ここでは最低限登録しておいたほうが良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。

転職サイト
リクナビNEXT 日本最大級の転職サイト。 転職した人の約8割がリクナビNEXTの利用者。転職サイトを利用するなら、まずリクナビNEXTを使ってみましょう!
はたらいく 地域密着の転職サイト。市町村や電車の路線から求人が探せます。スキルだけでなく、人柄や仕事観から求人を探すこともできます。
工場求人ナビ 工場系の求人サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!
人材紹介会社
パソナキャリア 人材業界大手で抜群の知名度を誇るパソナの人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人があります。拠点数も多く、サポート体制も充実。人材紹介会社に登録するなら、まずはココを押さえましょう!
パーソルキャリア
(旧:インテリジェンス)
anやDODAでおなじみの人材業界大手。あらゆる業界・規模・職種の求人があり、業界トップクラスの求人数や情報量が強みです。ココも外せません!
リクルートエージェント リクルートが行う人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。
就職Shop リクルートが行う20代若手向けの人材紹介サービス。未経験でも正社員として活躍できる求人が多く、全ての求人に書類選考はありません。面接からスタートとなります。

※転職サイトと人材紹介会社の違いについて
「転職サイト」は求人を掲載しているサイトですが、「人材紹介会社」は無料の職業紹介機関です。転職の相談から(非公開)求人の紹介、応募書類の添削、面接対策、退職交渉のサポートまで、幅広いサポートを「無料」で受けることができる大変便利なサービスです。