志望動機に関する質問 - 転職面接

トップ > 志望動機やキャリアプランの質問

志望動機やキャリアプランに関する質問

志望動機やキャリアプランは転職面接で良く聞かれる定番の質問です。

転職面接で面接官が志望動機やキャリアプランを聞くのは、「応募者の転職の目的や意義を知るため」であったり、「応募者が自社に意欲があるのかをチェックするため」ですが、要するに「自社で長期的に活躍できる人物かどうかを知りたい」ということになります。

そのため、志望動機やキャリアプランで意欲や本気度、将来のイメージを確認して、自社で長くやっていけそうか、合いそうなのかを確認している訳です。

転職面接でも、志望動機を深堀りされるケースが多く、どの企業でも通用するような志望動機やマニュアル通りの志望動機では面接官に納得してもらえません。すぐに「その志望動機なら、うち(当社)でなくてもいいじゃない。なぜうち(当社)なの?」と言われます。特に応募者が多い求人はそうです。

志望動機のポイントは、しっかりと企業研究をして、まずは企業の魅力(良さ)を知ることです。そして、魅力に感じたことを気持ちを込めて伝え、自分が応募先で(貢献)できそうなことを伝えましょう。

応募先の魅力(良さ)がわからないという人は ⇒ 企業の魅力(良さ)の例 を参照してください。

志望動機の伝え方

応募先の良さ(魅力)がわかったら、志望動機は以下の順で考えましょう。以下の内容が含まれていなければ、できるだけ加えて、より厚みのある志望動機にするようにしましょう。

  • 業界か職種の志望理由がある
  • 会社の志望理由(魅力に感じたこと)がある
  • 応募先で自分ができそうなことや少しは役に立てそうなことがある

上記の順に、業界や職種の志望理由を伝えた後、応募先(求人)を見つけたきっかけや応募先の魅力(良さ)などを伝え、応募先で自分ができそうなこと、もしくは、少しは役に立てそうなことを最後に伝えると説得力のある志望動機が完成します。

志望動機の回答例

【応募先で自分ができそうなことや役に立てそうなことがある場合】
希望業界や希望職種で求人を探していたら、応募先を見つけて、○○に魅力を感じました。私は○○の経験がありますので、御社で生かせると思い、志望いたしました。

【応募先で自分ができそうなことや役に立てそうなことがない場合】
希望業界や希望職種で求人を探していたら、応募先を見つけて、○○に魅力を感じました。私は○○にどうしても携わりたいと思っていますので、御社でできるだけ早い内に一人立ちできるように、一生懸命頑張りたいと思っています。

志望動機やキャリアプランに関する質問の例

おすすめの転職サイト・人材紹介サービス

今や転職活動において、転職サイトや人材紹介を利用(併用)するのは当たり前の時代です。ここでは最低限登録しておいたほうが良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。

転職サイト
リクナビNEXT 日本最大級の転職サイト。 転職した人の約8割がリクナビNEXTの利用者。転職サイトを利用するなら、まずリクナビNEXTを使ってみましょう!
はたらいく 地域密着の転職サイト。市町村や電車の路線から求人が探せます。スキルだけでなく、人柄や仕事観から求人を探すこともできます。
工場求人ナビ 工場系の求人サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!
人材紹介会社
パソナキャリア 人材業界大手で抜群の知名度を誇るパソナの人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人があります。拠点数も多く、サポート体制も充実。人材紹介会社に登録するなら、まずはココを押さえましょう!
パーソルキャリア
(旧:インテリジェンス)
anやDODAでおなじみの人材業界大手。あらゆる業界・規模・職種の求人があり、業界トップクラスの求人数や情報量が強みです。ココも外せません!
リクルートエージェント リクルートが行う人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。
就職Shop リクルートが行う20代若手向けの人材紹介サービス。未経験でも正社員として活躍できる求人が多く、全ての求人に書類選考はありません。面接からスタートとなります。

※転職サイトと人材紹介会社の違いについて
「転職サイト」は求人を掲載しているサイトですが、「人材紹介会社」は無料の職業紹介機関です。転職の相談から(非公開)求人の紹介、応募書類の添削、面接対策、退職交渉のサポートまで、幅広いサポートを「無料」で受けることができる大変便利なサービスです。