失敗例を聞く質問 - 転職面接

トップ これまでの職歴に関する質問 > 失敗に関する質問

前職の失敗例を聞く質問

「前職の失敗例を教えてください」という質問は、仕事の取り組み姿勢を聞く質問です。

失敗事例そのものを聞いている訳ではありません。重要なのは、失敗から「何を学び」「どう成長したのか」ということです。

前職の失敗例に対する回答のポイントは、失敗に対して「原因をどのように考えて」、「どのような対応・行動をしたのか」ということを述べるようにしましょう。

さらに、失敗から「学んだこと」や「再発を防止するための対策」などを加えることができればよりアピールにつながります。

回答例

前職の総務事務では、社員から経費申請がわかりづらいというクレームがありました。クレームの内容を詳しく探ると、経費申請の「マニュアルがわかりづらい」ということと、「マニュアルがどこにあるのかわからない」という2つの原因があることがわかりました。これを解消するため、マニュアルの作り直しと、マニュアルの掲載場所を目立つ場所に変更するようにしました。具体的には、マニュアルを箇条書きに変え、専門用語をなくすようにしたことと、マニュアルの掲載場所を経費の申請用紙と同じシートにして、経費を申請する際には必ず見えるようにしました。今後は、利用する側の立場に立って物事を考えて業務を改善することで、クレームを未然に防ぎ、利用者満足につなげたいと思いました。

これまでの職歴に関する質問の例

おすすめの転職サイト・人材紹介サービス

今や転職活動において、転職サイトや人材紹介を利用(併用)するのは当たり前の時代です。ここでは最低限登録しておいたほうが良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。

転職サイト
リクナビNEXT 日本最大級の転職サイト。 転職した人の約8割がリクナビNEXTの利用者。転職サイトを利用するなら、まずリクナビNEXTを使ってみましょう!
はたらいく 地域密着の転職サイト。市町村や電車の路線から求人が探せます。スキルだけでなく、人柄や仕事観から求人を探すこともできます。
工場求人ナビ 工場系の求人サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!
人材紹介会社
パソナキャリア 人材業界大手で抜群の知名度を誇るパソナの人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人があります。拠点数も多く、サポート体制も充実。人材紹介会社に登録するなら、まずはココを押さえましょう!
インテリジェンス anやDODAでおなじみの人材業界大手。あらゆる業界・規模・職種の求人があり、業界トップクラスの求人数や情報量が強みです。ココも外せません!
リクルートエージェント リクルートが行う人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。

※転職サイトと人材紹介会社の違いについて
「転職サイト」は求人を掲載しているサイトですが、「人材紹介会社」は無料の職業紹介機関です。転職の相談から(非公開)求人の紹介、応募書類の添削、面接対策、退職交渉のサポートまで、幅広いサポートを「無料」で受けることができる大変便利なサービスです。