他の職種に関する質問 - 転職面接

トップ > 逆質問や条件に関する質問 > 他の職種に関する質問

他の職種はいかがですか?

「他の職種でもいいですか?」このような質問をされるということは、以下の可能性が考えれらます。

  • 他の職種の方が適性があると思われた場合
  • 応募職種では難しいので、他の職種を打診される場合

【他の職種の方が適性があるという場合】
この場合は、面接であなたの経験やスキル・知識を確認していくうちに、応募職種より他の職種の方が適性があると感じ、他の職種で採用したいということなので、あなたの評価が低いという訳ではありません。どの辺りを評価して下さったのかをしっかり確認して、あなた自身がどうしたいのかを考えるようにしましょう。

【応募職種では難しいので、他の職種を打診された場合】
この場合、現時点での応募職種ができそうでないと判断されていますので、打診された職種について詳しく確認した上で、打診された職種で実績を出せば、希望する職種に就ける可能性があるかを確認しておきましょう。

過去に他の職種から異動になった前例があるなど可能性がある場合であれば、その選択もありだと思いますが、職種にこだわって就職活動や転職活動をしている場合は、その理由を聞いた上でお断りした方がよいでしょう。

応募した会社にどうしても入社したいということであったとしても、即答するのではなく、「大切な事なので、一度持ち帰って返答させて頂きます」と猶予をもらうようにしましょう。

回答例

【他の職種では嫌な場合】
ありがとうございます。(他の職種から現在希望している職種になれるかを確認した上で)今回の転職活動では○○職で働ける事を目指しておりますので、今回の違う職種ということであれば、少し考えさせていただくお時間をいただけますでしょうか。
※すぐに断るのではなく一旦受けましょう。断るのはいつでも断れます。

【他の職種でもどうしてもその会社に入りたい場合】
ありがとうございます。(他の職種から現在希望している職種になれるかを確認した上で)御社にぜひ入社したいと思っているので、○○職からでも前向きに検討したいと思います。ただ、今まで○○職を目指していたので、具体的な仕事内容を確認したり、少し考えさせていただくお時間をいただけますか。
※他の職種でOKだったとしても、その場で即答するのは避けよう。具体的な仕事内容やキャリアプラン等、確認してからお返事しましょう。

逆質問や条件に関する質問の例

おすすめの転職サイト・人材紹介サービス

今や転職活動において、転職サイトや人材紹介を利用(併用)するのは当たり前の時代です。ここでは最低限登録しておいたほうが良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。

転職サイト
リクナビNEXT 日本最大級の転職サイト。 転職した人の約8割がリクナビNEXTの利用者。転職サイトを利用するなら、まずリクナビNEXTを使ってみましょう!
はたらいく 地域密着の転職サイト。市町村や電車の路線から求人が探せます。スキルだけでなく、人柄や仕事観から求人を探すこともできます。
工場求人ナビ 工場系の求人サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!
人材紹介会社
パソナキャリア 人材業界大手で抜群の知名度を誇るパソナの人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人があります。拠点数も多く、サポート体制も充実。人材紹介会社に登録するなら、まずはココを押さえましょう!
パーソルキャリア
(旧:インテリジェンス)
anやDODAでおなじみの人材業界大手。あらゆる業界・規模・職種の求人があり、業界トップクラスの求人数や情報量が強みです。ココも外せません!
リクルートエージェント リクルートが行う人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。
就職Shop リクルートが行う20代若手向けの人材紹介サービス。未経験でも正社員として活躍できる求人が多く、全ての求人に書類選考はありません。面接からスタートとなります。

※転職サイトと人材紹介会社の違いについて
「転職サイト」は求人を掲載しているサイトですが、「人材紹介会社」は無料の職業紹介機関です。転職の相談から(非公開)求人の紹介、応募書類の添削、面接対策、退職交渉のサポートまで、幅広いサポートを「無料」で受けることができる大変便利なサービスです。