中高年(40歳以上)に対する質問 - 転職面接

トップ > 中高年(40歳以上)に対する質問

中高年(40歳以上)に対する質問

40歳以上の転職活動は、20代の転職活動と違い、厳しい現実を目の当たりにします。

どんなに優秀で人間性が優れていても、「年齢」というビハインドがあるのが現実です。これは企業側が「社内の同世代の社員」と比較しているため、どうしても採用のハードルが上がってしまいます。

応募者先の40代以上の社員は、新卒入社だと約20年以上の社歴となり、応募先の仕事がわかるだけでなく、社内や顧客との人脈があり、スムーズに仕事ができる環境が整っています。

このような人達がライバルになる中で、どういうところをPRすれば差別化できるのか (例えば、人脈がある、実績が出せる、マネジメント能力がある、この分野の経験や知識が深いなど)を若年者以上に検討する必要があります。

また、40代以上になると、住宅ローンや子供の教育費など、ある程度の給与が必要となります。会社側も年齢給を採用している企業が多いため、自社の給与規定に従うと、40歳以上はそれなりの給与が想定されます。

その給与水準で、どれだけのパーフォーマンスが発揮できそうなのか、自社の同世代の社員と比較してどうなのかということを考えられると、どうしてもハードルが上がってしまう訳です。

このようなことから、40歳以上の転職活動は、大変厳しいものとなりやすくなるのです。

応募書類は年齢が高いという理由でお見送りなる可能性が高くなりますし、面接に行ける確率が極めて低くなります。

そのため、40代以上で転職を検討される場合は本当に転職をすべきかを熟慮した上で行動するようにしてください。現在、いろんな企業でリストラや退職勧奨が進められていますが、安易な判断は避けておいた方が良いでしょう。

とはいえ、やむを得ない事情により、辞めざるを得ない人もいると思います。その場合は、転職活動は「ビジネス」だと割り切って、できるだけたくさんの企業に応募するようにしてください。

応募の目安は「年齢の数」以上です。

書類や面接でお見送りになるのは、あなたの人格や能力を否定している訳ではなく、「年齢」や「自社社員との比較」が主因です。お見送りになった場合は、ニーズがなかったと割り切って、時々、気分転換をするなど、リフレッシュをうまくしながら、転職活動を続けるようにしてください。

中高年(40代以上)に対する質問の例

おすすめの転職サイト・人材紹介サービス

今や転職活動において、転職サイトや人材紹介を利用(併用)するのは当たり前の時代です。ここでは最低限登録しておいたほうが良いおすすめの転職サイトと人材紹介会社をご紹介します。

転職サイト
リクナビNEXT 日本最大級の転職サイト。 転職した人の約8割がリクナビNEXTの利用者。転職サイトを利用するなら、まずリクナビNEXTを使ってみましょう!
はたらいく 地域密着の転職サイト。市町村や電車の路線から求人が探せます。スキルだけでなく、人柄や仕事観から求人を探すこともできます。
工場求人ナビ 工場系の求人サイト。勤務地・職種・寮・収入など、希望に応じて検索が可能。工場系の仕事を探すなら、このサイトを使ってみましょう!
人材紹介会社
パソナキャリア 人材業界大手で抜群の知名度を誇るパソナの人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人があります。拠点数も多く、サポート体制も充実。人材紹介会社に登録するなら、まずはココを押さえましょう!
パーソルキャリア
(旧:インテリジェンス)
anやDODAでおなじみの人材業界大手。あらゆる業界・規模・職種の求人があり、業界トップクラスの求人数や情報量が強みです。ココも外せません!
リクルートエージェント リクルートが行う人材紹介サービス。業界トップクラスの求人数を誇り、全業界の求人をカバーしています。
就職Shop リクルートが行う20代若手向けの人材紹介サービス。未経験でも正社員として活躍できる求人が多く、全ての求人に書類選考はありません。面接からスタートとなります。

※転職サイトと人材紹介会社の違いについて
「転職サイト」は求人を掲載しているサイトですが、「人材紹介会社」は無料の職業紹介機関です。転職の相談から(非公開)求人の紹介、応募書類の添削、面接対策、退職交渉のサポートまで、幅広いサポートを「無料」で受けることができる大変便利なサービスです。